無常

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」から始まる「平家物語」の冒頭、そして、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」という「方丈記」の冒頭。どちらも、無常観を表しています。無常観とは、全てのものは移り変わり、同じ状態で留まるも…

最初の一歩

強迫を改善させるには、最初の一歩が一番難しいです。私はそうでした。100から99に持っていくのが一番大変です。最初の歯車を回す瞬間が何より困難なのです。しかし、99になれば、99から98はほんのわずかだけですが、楽に移行できます。最初の歯車を回すこと…

強迫を治す薬はない

私は、強迫を治す薬は無い、と思っています。薬を何十年も飲まれていても、強迫が治るどころか、逆に悪化したり、副作用で苦しんでいる方が多く見受けられます。強迫を治す薬が存在するのであれば、強迫性障害の方など一人もいないはずです。薬で良くなった…

ウインドチャイム

私は、ウインドチャイムという楽器の音色が大好きです。音楽の最後などに入っている、キラキラした音です。ぜひ聴いてみてください。心が洗われます。私は過去世で、地球ではないところで、肉体を持たずに生きていた記憶があります。その時に聴こえていた音…

今週の休業日

ご相談は不定休と書いてありますが、基本的に、毎週水曜から木曜の17時まで、休業させていただいております。休業は、決まり次第、HPに記載いたしますので、ご覧ください。また、今週の金曜は受付が17時頃までとなります。他の曜日も、急用が入る可能性が…

アウトプット

以前も書きましたが、強迫性障害の方は、一見おとなしそうに見えて、芯のエネルギーが強い方が多いです。そのエネルギーが発散できず、ご自分の中で空回りしてしまうと、強迫にエネルギーが使われてしまいます。そのため、エネルギーのアウトプットが必要に…

折り紙

強迫観念や強迫行為で押しつぶされそうになっている方、気分転換も難しい方、折り紙が意外と楽しいですよ。私は以前、折り紙の本と折り紙を大量に買って、くす玉のような、多面体の作品を作っていました。強迫に乗っ取られると、空間と時間が止まったように…

強迫と共に生きる会

このブログを読んでくださっている方は、私と会ったことも、話したこともない方がほとんどでしょう。私に相談するのをためらわれている方も、きっといらっしゃることと思いますが、無理に相談をする必要はありません。皆さん、私もまだ強迫なので、つらくな…

梅雨も悪くない

梅雨の季節ですが、私は雨の日の外出が嫌いです。そういう方は多いとは思いますが、私は、何度も書きました通り、体に水がつくことが苦手なので、特にダメなのです。家に居るにしても、湿度が高く、エアコンのドライをつけると今度は寒くなる、という繰り返…

不幸と幸せ

私は以前からずっと、幸せの後には不幸が来る、と思い込んでいました。例えば、家族と居られて幸せだな、と思った直後に母が亡くなったなど、他にも、そのように思い込むきっかけとなった出来事はたくさんあります。私だけでなく、人間というのは、幸せ→不幸…

色彩心理学

色彩心理学をご存じですか? 色彩心理学とは、2003年にアメリカで誕生した、色彩と人間の心の関連性を研究する学問です。例えば、赤は危険を感じ、交換神経が優位になり、青は気持ちを落ち着かせ、副交換神経を優位にし、また、緑は安らぎを感じ、リラックス…

あなたは強迫ではない

毎日、強迫性障害と闘っている方はたくさんいらっしゃることと思います。強迫を打ち負かしてやろう、と思っても反撃をくらうだけです。まずは、ご自分が強迫性障害なのだということを忘れましょう。と言っても、強迫の症状が出てくるため、そう簡単には忘れ…

作り笑顔の効果

一日が終わって、今日は一度も笑わなかったなぁ、と思う時がよくあります。そういえば、笑うほど楽しいことなんか、ここ最近ないなぁ、と思います。そういう時は、楽しくなくても、作り笑顔で笑ってみましょう。笑うと筋肉の動きで、脳は、この人は楽しいん…

シャワーを浴びれた

やっとシャワーが浴びれました。外出して帰って来たら、必ず浴びますが、数日間、外出していなかったため、シャワーを浴びていなかったと、そういう事です。今日も外出はしませんでしたが、シャワーを浴びてみました。だんだん暖かくなってきて、汗もかきや…

磁気治療

強迫性障害の治療に、経頭蓋磁気刺激(TMS)という療法があります。頭部に装置をつけ、磁気により電流が流れるという治療らしいですが(雑な説明ですみません)、私は怖くて試したことがありません。脳は電気信号で働いているので、そこに電流を流したら…と考…

OKシール

強迫性障害の方は自分に厳しく、自分を許す、自分にOKを出すということが苦手な気がします。私も、そういうところがあります。今日もシャワーを浴びれなかった、片付けができなかった、カーテンを開けられなかった、数えればきりがありません。心の中で、…

SSRI

SSRIとは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」の略称です。他に、SNRIなどもあります。私はですが、これらの薬で強迫が治ることはないと思っています。実際、治りませんでした。私は一通り飲みましたが…

強迫同士

私は重度の強迫性障害を急速に改善はしたものの、まだ強迫を抱えています。だからこそ、強迫の方々のお気持ちが痛いほどわかるのです。以前から申していますが、強迫は理解・共感されるだけでも、かなり改善がみられると思っています。強迫になったことのな…

強迫缶バッジ

最近、ヘルプマークは普及しつつありますが、ふと、強迫性障害の人が付けるバッジなどあっても良いのでは、と考えました。すると、既にあるのですね。公的ではなく、個人販売のようですが、OCD(強迫性障害)と書かれた缶バッジなどが売られています。ただ…

傾聴

私にご相談くださり、アドバイスを聞いてくださっている方に、知っておいていただきたいことがあります。私はついつい、話し過ぎてしまいますが、一番効果のあるカウンセリングというのは、私がひたすら、ご相談者様のお話しを傾聴することだと思っています…

強迫は自分が作った?

強迫は、育ってきた環境などにより、自然と作り出されてしまった場合も、もちろんあると思いますが、一方で、自分を守るために、あるタイミングで無意識的に作り上げたのかも知れません。強迫というのは、自分に害を与えてくるのは確かですが、どこかで、強…

ビジネスは無理

今日は早朝に起きて、今までずっとパソコンの前に座っていました。さすがに疲れました。ネット広告やら、何やらと闘っていましたが、完敗です。広告を出しているのは、単にこの相談の存在を知っていただきたいからです。儲けを考えていたら、月に数十万円の…

オーバードーズ

HPの「本日は営業しております」を、「しばらく休業させていただきます」に、変更しました。私でもつらい時はあります。最近、減らして少ない錠数でキープしていた薬を、先ほど、多めに飲んでしまいました。オーバードーズと言えるかも知れません。昨年の…

お腹が弱い

私はお腹をすぐこわします。家系的にお腹が弱いのです。前回、お腹をこわして大変だった、出前の餃子弁当を、今日も食べてしまいました。案の定、お腹が今も痛くて困っています。もう二度と食べません。精神的なストレスもお腹にきます。過敏性腸症候群かも…

パニック障害その2

私は、以前書きましたとおり、学生の頃、酷いパニック障害でした。電車が一番怖く、電車に乗ってドアが閉まると、吐き気や動悸が酷くなり、一駅で電車を降りるなどしていました。ある日、バレエのチケットをもらってしまったがために、母と他県まで遠出する…

死にたい時もある

検索ワードを見ると、「強迫性障害 死にたい」などの言葉が見受けられる時があります。確かに、強迫になると鬱も併発して、たまに死にたくなることもあると思います。私も死にたかったり、消えてなくなりたいと思い、薬の過剰摂取を度々繰り返していました。…

運を天に任せない

私の息子は、よく自分のことを、運が悪いと言っていますが、私から見て、全くそうは見えません。運という意味は、「人の身の上にめぐりくる幸・不幸を支配する、人間の意志を超越したはたらき」だそうですが、私は、運を天などに任せずに、自分で幸せを選び…

毒親

強迫性障害の方の母親は毒親だということが多いです。私の母はもう亡くなっていますが、やはり毒親でした。本人にその自覚がないのが困りものでしたが。まずは過干渉、そして愛してくれない、子供に嫉妬する、容姿をけなしてくる、支配下に置き、自由を与え…

生きる覚悟

強迫性障害の方は、例えば鬱になり、働くこともできない自分を責めたり、家事がこなせず、落ち込んだり、家族を巻き込んで、理解されず苦しんだりすることは多々あります。上記の例は、今までの私だと思ってください。自分が、誰のためにもなっていないどこ…

自分vs自分

強迫観念や強迫行為は出てくると、抵抗したくなります。ですが、以前書きましたとおり、強迫性障害の方は、弱いように見えて、芯の生命力が人一倍強いため、強迫観念や強迫行為もただ者ではないほど強いのです。強迫の言うがままになって束の間の安心を得た…