2021-03-20から1日間の記事一覧

飲食をきちんと

強迫に喉の乾きと空腹は良くありません。強迫の方に限らず、人間なら誰でもそうでしょうが。ですが、強迫に取りつかれたようになってしまうと、案外時間を要し、飲食がおろそかになることがあります。私も度々ありました。しかし、喉はカラカラ、お腹はペコ…

占い依存

私は強迫の不安が酷くて、占いに依存していた時期があります。占い師と言っても、強迫性障害の知識などありませんし、私がなぜ苦しんでいるのか、理解できない方ばかりです。あなたのことは何も視えません、と言い切られ、それなのにお金を支払わされたこと…

パニック障害

私は二十歳の頃、パニック障害になったことがあります。きっかけは、空腹で濃いコーヒーを飲んで電車に乗ったら、吐き気に見舞われたことです。その後、電車に乗る度に吐き気がして大変でしたが、片道二時間かけて通学しているうちに、気づいたら治っていま…

強迫性障害の方のご家族へ

強迫性障害の方のご家族や身近な方も、私のブログを読んでくださっているかも知れません。身近な方が強迫性障害になったら、戸惑いますよね。まず、強迫が一体何なのかがわからないことでしょう。そして、強迫行為にどこまで付き合ってあげたら良いのか、わ…

エネルギー

強迫や鬱の方は、何をする力もなく、寝込んでしまうことも少なくないでしょう。私もそうでした。エネルギーが普通の人より足りないと思っていたのです。ところが、その真逆で、エネルギーが有り余っていて、そのエネルギーが空回りをしていることに気づきま…

「嵐が丘」

少し前になりますが、英文学の、エミリー・ブロンテ作「嵐が丘」を原文で読みました。男女間の愛と憎しみをはじめ、人間の、狂気とも言えるほど激しく、そして繊細な心が描かれています。人間の心ほど脆くて強いものはありません。この作品を読むことにより…

セロトニンとリラックス

セロトニンを増やすとリラックスできる、と聞いたことがあることでしょう。私は、リラックスするからセロトニンが出る、とも聞いたことがあります。要はセロトニンはリラックスするための材料ではなく、リラックスしたことによる産物だという説です。涙が出…

美容院

今日、久々に美容院に行ってきました。以前、私は美容師さんに、不潔恐怖のことを話しました。それからずっと、ケープなどは洗ったもの、クシも消毒したものを使ってくれるようになりました。その代わり、朝一で行かないといけませんが。今日も、とても気を…

薬より自分

皆さんの多くは、お薬を飲まれていることと思います。私も飲んでいます。薬は一歩間違えれば毒になりかねません。副作用のない薬はないからです。しかし、薬に助けられることもあります。少し不安が落ち着き、物事にチャレンジできる時もあります。何かにチ…

お力になります

私は強迫の人を助けたいと思っています。助けられなくても、少しでも楽な気持ちにさせてあげたいと思います。強迫の人を助けるのは私の使命だと思っていましたが、エゴなのかも知れません。それでも助けたいのです。助けを必要としない人を助ける気持ちはな…