行動が強迫を弱める

強迫に脳を支配されて、強迫行為、強迫観念が止まらなくなった事があるかと思います。

強迫行為の場合は、不安を解消するための行動が止まらなくなりますし、強迫観念の場合は、金縛りのように身動きが取れなくなることがあります。

強迫は、私たちの脳と体をジャックしてくるように感じます。しかし、強迫が直接影響を及ぼしているのは、脳だけなのです。そして、その脳からの指令に体が従っている状態です。

直接ジャックされている脳をどうにかしようとしても、非常に困難です。それに比べ、体は間接的に支配されているので、脳よりは、コントロールがしやすいはずです。

もちろん、生命を守るために、体は脳からの指令に従うようにできています。ですから、脳からの命令に抗うことは、気持ちが悪いものです。赤信号で渡ると危険なので、脳は体に、止まれ、と指令を出します。そもそもこのシステムは生きるためのものなのです。脳に逆らった時の気持ち悪さは、強迫を止めさせないためにできたシステムでは、ないのです。

そういった知識を持ち、たとえ強迫で気持ちが悪くても、まずは、水を飲んでみましょう。それが無理なら、ご自分ができることで構いません。とにかく、何らかの行動をしてみることです。

強迫が落ち着いたら、行動するのではなく、行動し、体の主導権だけは、ご自分が握ることにより、強迫は弱まってきます。強迫が、脳を介さなければ勝手に体を動かすことができない、その弱点を利用するのです。

https://soudan.base.shop

終わらない強迫

強迫行為が終わったかと思いきや、まだ終わっていないぞ、本当にスッキリしたのか? と強迫から言われ、さらに強迫行為を続けてしまうことがあります。

同様に、身動きが取れなくなるほどの、ぐるぐる思考に陥った時、自分で出した終了サインに対し、強迫が、もうちょっと考えてみなよ、きっともっと安心できるよ、と囁いてくることもしばしばです。

そういった強迫の声に従うと、終わらせることができなくなります。難しいですが、ご自分で終わりと思ったら、強迫の声よりもご自分を信じて、そこで終わらせる、その小さな抵抗の積み重ねが大切だと感じます。しかし、できない時もあって当然です。むしろ、強迫に抗えないのが普通です。

自分で終わらせたはずのことを、さらに終わらせようとすることには、無理があります。何故、終わらないかといえば、それは既に終わっているからです。命尽きた死体を殺そうとしているようなものです。

強迫行為やぐるぐる思考をしてしまっても、構いません。ただ、前回申しましたように、脳にまるで寄生しているような、強迫の言うことだけでなく、心の声も同時に聞いてあげてください。強迫に従ってしまっても、「本当はやりたくない」という、本来のご自分の心の叫びを受け止めてあげてください。

強迫行為はしてしまっても全く構いません。ただ、脳と心の間の葛藤に振り回されずに、心は嫌だと感じているけれど、脳からの指令に従わないと、気持ちが悪くなるため、心に反し、仕方なく脳の言うことを聞いているご自分がいる、ということを、冷静に客観視する習慣を少しずつ身につけていくようにしてください。

https://soudan.base.shop

脳と心

強迫は毎日のように私たちに襲いかかってきます。また、強迫は日々、私たちを苦しめ、悩ませます。

それらはある意味、確かなことですが、ただ、これだと受け身過ぎる気がします。私たちは、強迫に襲いかかられても立ち向かい、脳の誤作動などに振り回されるものか、と希望を捨てずに強迫と、そして自分と闘っているではないですか。

それは、私たちに心がある証拠です。

強迫の自動思考に操られることもしばしばですが、脳に支配されて、心が無くなってしまったわけではありません。もし、心が無ければ、強迫の命じるがままに考え、行動し、何の葛藤も起きないはずです。脳は単なる臓器の一種ですが、心や魂は無限です。

私は、脳が心に勝てるはずはない、と信じています。心が無ければ、強迫の言いなりになりたくない、強迫に邪魔されたくない、などと思うわけがありません。何が辛いのかといえば、脳と心の求めることが違う、その明らかな違和感なのです。

脳と心を分けて捉え、ご自分の心の声を精一杯、拾ってあげてください。そして、強迫の言うことをいかに聞かないかではなく、心の求めることをいかに叶えてあげるか、そちらを大切になさってください。その習慣が身につけば、本当の自分に素直に生きることができ、少しずつ楽になってくるはずです。

https://soudan.base.shop