アウトプットで強迫改善へ

強迫行為やぐるぐる思考が止まらない場合は、どうしても止まらないのだから、続けるしかないと思っています。強迫など誰だって止めたいですし、必要がないことなど百もわかっているはずです。それでも止めることができないから、強迫なのであって、止めたい、必要がない、という気持ち一つで止められるなら、強迫ではないと思います。

強迫行為やぐるぐる思考を、気の済むまで行うことにより、少しの安堵感を得ますが、これは、自分のしたいことをしたから落ち着いたのではく、したくないことをして、単に脳の発作を静めただけです。拙著にも書きましたが、強迫行為を行うと、ある種の脳内麻薬のようなものが分泌されるように思います。そのため、強迫行為をした後のスッキリ感は、本当にやりたいことをやって得られる満足感とは、異なります。

強迫発作がおさまると、ほっとしたお気持ちになるのはよくわかるのですが、脳内麻薬のようなものにより得た安心感は、薬物療法のように、脳内の世界の出来事です。脳内だけではなく、現実世界において、心のほうを喜ばせてあげる必要があります。

強迫行為は、物凄いエネルギーを必要とするため、心身共にヘトヘトになります。しかしこれは、脳内の不安発作と闘ったために起こる消耗なのです。強迫から解放されると、疲れ切って休みたくなりますが、私の場合は、そこで休まず、強迫から自分自身に主導権を取り戻し、自分の心が望むことを行うようにしてきました。

私は、強迫で疲れてボロボロになっていようが、趣味の音楽や書き物を楽しんだり、簡単な仕事をするなど、自分の本来のパワーをアウトプットします。すると意外にも、強迫の疲れは消えていきます。強迫が落ち着いた時の安心感と、好きなことをした時の心地良さは、全く別物ですし、強迫行為で使うエネルギーと、趣味に使うエネルギーは、出所が違う異質のものだということがよくわかります。

ぜひ、ご自分の心や魂を喜ばせてあげてください。脳はあくまで一つの臓器です。脳と心に関連性があるということは否めませんが、私は、単純に、脳と心を別の存在と見なしています。私のイメージですが、脳は有限であり、心や魂は無限であるように感じます。

強迫行為やぐるぐる思考は、内側に向いているエネルギーですが、心の喜ぶことをしている時は、エネルギーが外側に向かっているのを感じます。アウトプットを続けることで、私の強迫は、だいぶ改善しました。趣味でも仕事でも、また、喜怒哀楽など様々な感情を表現することでも構いません。話す、歌う、詩や文章を書く、絵を描く、踊るなど、ご自分から湧き出る感情を、ご自分に合った方法でアウトプットしてみることを、おすすめします。

https://soudan.base.shop/

改めて自己紹介

拙著の内容と一部重なりますが、今更ながら、私の自己紹介をさせていただきます。

私は40代女性、21歳の息子と二人暮らしをしています。私の母は、私が30歳の時に3ヶ月の余命宣告を受け、癌で他界しました。父もその数年後に亡くなり、親戚付き合いも皆無で、一人っ子の私は、息子と二人きりになったという訳です。息子の父親とは、短期間、籍を入れていたものの、婚前からDVが酷く、息子が生まれて間もなく離婚し、完全に縁を切ったため、養育費などもらったことはありません。両親がまだ生きていた時は、息子を保育園に預け、必死でアルバイトをしていました。

そして、母が死ぬ直前に、強迫性障害を発症しました。癌が移るのではないかという不安から始まり、不安の対象が今では、外からの見えない菌に変わり、外出先から帰ると、すぐシャワーを浴びないと家に入れず、買った物は、アルコールティッシュで拭かないと部屋に持ち込めない、といった具合です。前回のブログに登場した、別れた彼に対しては、付き合っていた7年間ずっと質問強迫があり、同じ用な事を、酷い時は一日中、質問し続けていました。最近は、ほとんど質問が出なくなり、ほっとしたのも束の間、別れることとなりました。

現在は、ただでさえ外の菌が怖い私に、コロナが追い討ちをかけ、外出する度にシャワーを浴びることも億劫で、家で仕事をしています。強迫性障害相談ダイヤル、オンライン日本語教師、そして占い師です。始めてみてわかったのですが、日本語教師の仕事は、ほとんどの生徒が海外在住なので、日本語を全く話せない生徒にも対応しなければならないため、英語が必須です。何とかなってはいますが、まだまだゴールは遠く、元々、英語が好きなのもあり、英会話を習っています。日本語だろうが英語だろうが、人とコミュニケーションを取ることが好きな私にとっては、楽しい仕事です。

占い師の仕事は、タロットカードの勉強をした後、いくつかの会社に所属し、チャット占いと、メール占いをしています。ただ、内容が物凄くヘビーなので、強迫の私には苦痛です。強迫性障害相談ダイヤルのご相談は、皆さまのお気持ちが、とても理解できるため、お力になれますが、占いのご相談内容は、理解を超えた、意味不明の内容ばかりで、精神状態が悪化するため、最近は仕事量を減らしています。

毎日そこそこ忙しく、趣味の歌やギターや執筆に費やす時間もあまりありませんが、楽しく暮らしています。毎日、地獄のような日々を送り、死ぬことを望んでいた時期も多々ありましたが、医者や薬に頼らずとも、強迫は改善できますし、幸せに生きることができるようになるということを、身をもって知り得た私から、皆さまにお伝えしたいと思います。

https://soudan.base.shop/

精神薬への差別

3ヶ月以上、ブログをさぼっていたことを、本当に申し訳なく思っています。

昨日なのですが、私の本にも登場した、7年以上付き合っていた彼と別れました。お互い都合が合わず、しばらく電話とメールでやり取りしていたのですが、その電話で揉めてしまいました。

私は、以前、デパス断薬を何度も試みてきましたが、上手くいきませんでした。20年飲み続けているため、耐性がついてしまい、効果は無いのに、止めると離脱症状が出るため、止めることができないでいます。超長時間型の抗不安薬、レスタスに置き換え、だんだん減ってきてはいたのですが、このタイミングで、レスタスが製造中止になるという事態になり、今後どのようにデパスを減薬しようかと悩んでいました。

別れた彼は、7年間、辛苦を共にし、私のデパス減薬をずっと応援してきてくれていました。しかし、一昨日、彼に電話で、精神薬の製造中止の話は暗いとか、精神薬を飲んでいるお前はレベルが低い、などと散々言われ、価値観の違いを痛感しました。

もちろん、デパスなど好きで飲んでいる訳ではないですし、多くて1日3ミリ、処方内の量を飲んでいます。カウンセリングでも本でも、私の経験を通して、薬の怖さや断薬の危険さを伝えてきましたし、ある程度の知識はあります。確かに、精神薬は危険が多いですが、飲んでいる方に対し、人間としてのレベルが低いなどと思ったことはありません。

私の減薬の努力を誰よりも知っているはずの彼に、心外な事を言われ、あまりに辛くなり、結局私は、またODをしてしまいました。デパス80ミリを40度のお酒で一気に飲み干しました。一昨日の記憶はありませんが、昨日は朝から仕事をしました。ODは私の責任なので、関係ない方にご迷惑をかける訳にはいきません。

現在の日本には、まだまだ、精神疾患や精神薬に対する偏見が存在します。私のような思いをされた方は、他にもきっといらっしゃることと思います。理解できない人から何を言われようと、私のように、ご自分のことを傷つけたりはしないでください。自分の味方は、最終的には自分しかいないのです。

今回私は、とても傷つきましたが、精神疾患を理解してもらえない皆さまの苦しみへの理解がさらに深まったと考え、この失望を、皆さまを助ける力に変えていきたいと思います。

https://soudan.base.shop/